企業と高等学校との情報交換会2017in浜松に参加してきました!

- Author:

- Category:LOCAL
- Tags://

- Release Date:2017/06/21
- Last Updated:

417 : 1 : 0 : 0 : 0 : 0 : 0

こんにちはっ(;´Д`)

本日は豪雨です。

浜松は避難勧告まで出ています。手加減なしのド豪雨です。。

 

現在稼働している公共工事の現場が川二つに囲まれた地域なので非常に心配です。。

おっ、そうこうしているうちに外が少し明るくなってきました!

そして、止んだ!!よかったー。

今公共工事の現場監督さんも本社に来てたので現場も人も無事を確認!よかったー。

 

 

さてさて、少し前の話にはなりますが、浜松市アクトシティイベントホールで開催された

「企業と高等学校との情報交換会」

に参加してきました。当社としては初参加です。

 

今回初参加だったので

「どんな雰囲気のイベントなんだろう。。」

と内心ドキドキして事前にインターネットで情報収集をしようと検索したんですが、、

 

あれ、、?(‘ω’)

・・

・・・

・・

ない。。(*´з`)

・・

・・・

(; ・`д・´)

・・

・・・

・・・・

・・・・・

・・・・・・ないな。

(・´з`・)

・・

情報が。。

・・・

(”Д”)

・・・・・

・・・・

・・・

・・

ナイっ!

 

(ノД`)・゜・。

 

 

全然ないのです。

他市、他県に範囲を広げて検索しても、

A:先生と名刺交換する感じ。

B:TVの取材受けました!!

C:人がごった返してました!

とか、

 

いまいちどういう心構え・スタンスで参加すれば良いのかわかりませんでした。

なので、今回の記事では少し本イベントについてどんなものだったか少しでも

雰囲気が伝わるように努力して書きたいと思います。

 

それで、最初に謝らないといけないことがあります。。

 

すいません、写真撮り忘れました。。

 

(;´∀`)

 

ブログ用に写真撮ろうと思っていたんですが、

緊張してたのか、一枚も撮れてません。ごめんなさい、、文章と会場案内図等で説明させて頂きます!

 

0.イベント概要

  • ハローワーク主催のイベント
  • 申込先着150社にはあらかじめ企業席を設けてくれる
  • 若者応援宣言企業ユースエール認定を受けている企業は企業席を優先して確保してくれる
  • 事前に情報交換したい高校を最大10校までリストアップしてハローワークにFAXすると
    当日希望した高校の先生が企業席まで来てくれる
  • 企業席がない企業は逆に高校席を訪問することで情報交換が可能
  • 申込みにあたり「企業PRシート」の提出が必要
    ※当初提出すると特設サイトか静岡労働局だったかで公開されるという前提だったが、当日イベントに行ってみると「公開はなくなりました」とのことでガックシ。

 

1.会場の見た目

◇場所

2017年の会場はアクトシティ展示イベントホールでした。

上記リンクの3Dパノラマ見てもらうと分かりやすいですが、打放しコンクリートで囲まれたホールです。

◇インターネット環境

Wifi環境はありませんでした。なのでご持参されることをオススメします。

僕はSoftbankのiPhoneでテザリングしてPCをネット接続させてました。(電波は入りました)

※会場には一応有線LANの用意はあるようでした。

◇アクセス・駐車場

アクセスは上記リンクにて確認してください。

駐車場はアクトシティの地下駐車場を利用するか、

アクトシティの対面にある「丸倉本社モータープール」立体駐車場を利用するのが良いかと思います。

(僕は車が止めやすい「丸倉本社モータープール」に駐車しました。)

 

2.情報交換会参加企業・学校席見取り図

クリックするとPDFファイルが開きます。

 

席は横に二人座れる机が一つ置かれ、椅子が計4つ対面置かれたレイアウトです。

企業席と企業席の間は少し間をあけて設置されてました。

席には企業名が書かれた札が置かれているのみで、飲み物は席に持参するといった感じでした。

 

3.イベント式次第

偉い方のあいさつ後にすぐ、情報交換会スタート!といった感じの流れでした。

 

4.雰囲気と実際何をするか

イベント自体は終始和やかに時間が流れていきました。

当社も10校の高校と情報交換希望を事前に提出させてもらってましたが、先生が企業席に来てくれるまでソワソワしながら待つといった感じです。

高校の先生は各校複数名で来ており、建設業はA先生、製造業はB先生、高校席待機はC先生といった形で担当を決めて対応されているようでした。

先生が企業席に来てくれた後は、雑談を交えながら情報交換をします。特に一校毎に持ち時間があるわけではなく、情報交換が完了したら先生が別の企業へうつっていくという流れです。

企業側としては希望している高校の先生と情報交換がすんだら、希望校以外の席にいき、情報交換も可能です。

※一通り情報交換が済んだ企業さんはイベント終了を待たずして会場をあとにしていました。

※当社は2校ほど希望していた高校からの訪問が来ていなかったので最後まで残ってましたが、結局訪問はありませんでした。。(泣)
データを見たら就職予定者数がもともと少ない高校なので良いですけどね!!(; ・`д・´) (強がり)

 

情報交換の概要は以下です。

  • 先生と名刺交換
  • (先生側から)高校パンフレットや就職予定者等のデータの提示
  • (企業側の)求人数、採用方法、選考基準等の確認
  • その他気になっていることについて双方Q&A

結構ざっくばらんに情報交換ができます!

 

5.イベントを通して感じたこと

  • 就職予定者数の最新データ等が入手できるので毎年参加すべき
  • 最近の子供たちの学校での様子や学校のカリキュラムなど知れる
  • 就職するにあたり子供たちが企業選びの上で何を重視している傾向にあるか先生から聞ける
  • 就職希望を出す企業をどういう風に決めているか(子供たちと先生との関わりあいについて)
    例)基本子供たちが就職したい企業のリストを進路相談といった形で先生に提示する
    例)実際大企業を書いてくる子が多い
    例)高校生の場合、大学生よりもより親の意見(企業の安定性、信頼性、将来性)が強く、大企業にどうしても寄りがち
  • 近々で予定されている公開授業などの情報がえられる(直接子供たちを見れる場)

 

6.まとめ

高校生の子供たちに就職先として選んでもらうためには、まずは子供たちに当社を知ってもらうことが重要。

子供たちの目に触れる機会をどんどん作っていく必要がある。

その上で、子供たちの口から親にちゃんと説明できるように(親が安心感を抱ける)情報(※)を分かりやすく発信していくことが大事。

※新聞や雑誌などの記事、第三者の評価、口コミ、審査・認証など「社会的証明」となる情報

 

多くの方に当社を知ってもらい、興味を持ってもらえるように頑張っていきますっ!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

当社に興味を持って頂けた方、一緒に働きたいと思ってくれる方いらしたら

 


ぜひ下記からお気軽にお問合せください!!

お問合せページ

採用ページはこちら

 

また日々Twitterにてつぶやいております!少しでも興味を持って頂けたらお気軽にフォローをお願いします!

ダイレクトメッセージ等で「ブログ見たよ!」って一言頂けると励みになります!

Twitter

 


 

Related Posts

浜松市上島にあるアトリエサラさんが素敵すぎる!ヴィンテージ雑貨が並ぶ秘密基地のようなお店。

以前から自分の中で、「建設業は騒音・振動・粉塵など迷惑をかけるところから始まる仕事だから第一印象が悪いよなー。」と思ってまして、逆に共栄建設が工事を担当することで近隣の方にメリットがある取り組みはでき …